オーロラ特集

この目で宇宙を感じたい
地球の極地でしか見られない天からの炎
オーロラを見る

一生に一度は見たい!夜空を覆うオーロラとは?

オーロラとは 極地で起こる放電現象
夜空を覆う神秘的な緑の光。その姿は天から舞い降りる壮大なカーテンのようにも見えます。ギリシアの哲学者アリストテレスは、オーロラを「天の裂け目から噴き出す炎である」と表現しました。
オーロラ(Aurora)は地上から100〜500kmの上空で起きる大気の放電現象ローマ神話に出てくる暁の女神アウロラから名づけられました。太陽から放出されたガスの粒子が地球の磁気圏に入って極地に運ばれ、大気中の原子と衝突することによって発生します。オーロラの色は原子や分子の違いによって変わり、地球に近い部分は緑、高いところでは赤い色に変わることが多いです。

北極点近くで発生。代表的な都市はイエローナイフ
地球上でオーロラが見えるのは北極点を取り囲むように広がるドーナツ状のエリア(オーロラ・オーバル)。地球の磁場の影響によって太陽風が極地(北極)に運ばれていくためです。ただ緯度が高いほど見やすくなるというわけではなく、緯度60度〜70度くらいがオーロラ・オーバルのエリア。代表的なオーロラ鑑賞の町としてはカナダのイエローナイフ、フィンランドのロバニエミ、アラスカのフェアバンクスなどがあります。
オーロラ特集TOPへ

オーロラはいつ見られる?オーロラ観測のポイント

オーロラはいつ見られる? 12月〜4月がベスト
オーロラといえば冬というイメージですが、オーロラは一年中発生していますベストシーズンは日照時間が短く空気が澄む12月〜4月の時期。時間帯は深夜になるほどよく見え、夜の9時頃から深夜2時くらいがピークです。
一方で夏の時期は日照時間が長く、高い緯度の場所では白夜となりますので、オーロラが発生していても人間の目ではほとんど見ることができません。

カナダでは夏と冬、北欧・アラスカでは8月〜4月に観測可能
また見る国によってもオーロラの観測可能時期が違います。カナダでは夏と冬のみオーロラ観測が可能ですが、北欧やアラスカでは8月から4月までオーロラを見ることができます。秋に出かければ気温も氷点下まで下がらず、冬のような完全な防寒具がなくてもオーロラ鑑賞を楽しむことができます。

空が曇りでもあきらめないで!忍耐強さが大切なオーロラ鑑賞
オーロラ観測は空を見上げることから始まります。たとえ空が曇りであっても、時間が経つと晴れることもありますし、雲間から瞬間的に美しいオーロラが見えることもあります。また天気予報が曇りであっても、あくまで全体的な予報ですので、空が曇りでもあきらめずに起きていることが大切。数時間後には晴れて美しいオーロラを見せてくれるかもしれません。オーロラという大自然と向き合うために、自然への敬意を持ちながら忍耐強く待つことで、一生の思い出に残るオーロラを体験することができます。
オーロラ特集TOPへ

オーロラを観るときの防寒具は?オーロラ観測のための準備

オーロラはいつ見られる? 目以外を覆える防寒具
オーロラ観測には防寒具が必要です。寒い日にはマイナス30度になることもありますので、その気候に耐えられるダウンジャケット、厚手のセーターなどのインナー、帽子、手袋、耳当て、マフラーなどが必要です。イエローナイフやフェアバンクスなど現地の大型スーパーなどに日本では売っていない極寒用の防寒具がお手ごろ価格で売っていますので、現地で買うのもいいかもしれません。またオプショナルツアーに申し込むと防寒具を貸してくれるところもあります。

オーロラを写真で撮るには
せっかくオーロラを鑑賞するのだから、できれば写真に残したいもの。でもオーロラはどのようにすれば撮影できるのでしょうか。オーロラの撮影は基本的に星空撮影と同じ方法で行います。三脚とシャッタースピードの調整できるカメラが必要になります。夜間撮影のため、手もちカメラでの撮影は難しいので三脚を使用します。三脚がない場合は、石や木の上に置いたりして、カメラを固定するようにしましょう。またオーロラは肉眼では見えても非常に弱い光のため、シャッター速度を遅く(30秒程度)することによって撮影が可能となります(夜景モードだけでは撮影することができません)。美しいオーロラを撮影したいという方は、三脚とシャッタースピードの調整機能付きのカメラを準備していきましょう。
オーロラ特集TOPへ

カナダのオーロラツアー

カナダのオーロラ鑑賞

オーロラ鑑賞で人気のカナダへ!

往復空港送迎付き!3夜オーロラ鑑賞 往復空港送迎付き!
3夜オーロラ鑑賞

イエローナイフのオーロラツアー
カナダ北部のノースウェスト準州にあるイエローナイフは、オーロラ鑑賞で世界的に有名な観光地。
本ツアーではオーロラ観賞専用施設「オーロラビレッジ」で観賞します。イエローナイフご到着時とご出発時の往復空港送迎も日本語ガイドがお客様をご案内しますので安心してご旅行が楽しめます。 オーロラ鑑賞の施設内には、オーロラ湖、待機用ティーピー(テント)、フォト・ギフトショップ、ダイニングホールなどがあり、専用施設ならではの充実度!観賞中は毎晩温かいお飲み物の無料サービス付きもうれしい。
オーロラ鑑賞
カナダのオーロラ鑑賞

お得な市内観光付き!オーロラ鑑賞で人気のカナダへ!

市内観光と往復空港送迎付き!3夜オーロラ鑑賞 往復空港送迎と市内観光付き!
3夜オーロラ鑑賞

イエローナイフのオーロラツアー
オーロラ鑑賞だけでなく半日市内観光も楽しめるお得なツアー。オーロラ鑑賞までの日中の時間を使って観光をするので、効率よくイエローナイフを満喫することができます。
ツアーではオーロラ観賞専用施設「オーロラビレッジ」で観賞します。イエローナイフご到着時とご出発時の往復空港送迎も日本語ガイドがお客様をご案内しますので安心。 オーロラ鑑賞の施設も充実!観賞中は毎晩温かいお飲み物の無料サービスがつくのも嬉しいですね。
オーロラ鑑賞
カナダのオーロラ鑑賞

キャメロン滝へのハイキング付き!オーロラ鑑賞で人気のカナダへ!

キャメロン滝へのハイキングと往復空港送迎付き!3夜オーロラ鑑賞 往復空港送迎とキャメロン滝のハイキング付き!
3夜オーロラ鑑賞

イエローナイフのオーロラツアー
オーロラ鑑賞だけではなく、カナダのハイキングも楽しめるお得なツアー。
イエローナイフからイングラハムトレイルを車で1時間ほど移動し、ガイドと一緒に片道約30分のハイキングへ!大自然の中キャメロン滝を臨む大きな岩場で休憩し、戻ります。ハイキングトレイルは古代の岩々の上を歩いたり、森の中を抜けたりとバラエティに富んでいます。また、秋には見事な黄葉が見られます!
オーロラ鑑賞
カナダのオーロラ鑑賞

イエローナイフ基本情報

イエローナイフへのアクセス
【経路】
日本からの直行便はなく、カナダ国内の主要都市からカルガリーまたはエドモントン経由となります。日本からはバンクーバーとエドモントンを経由してイエローナイフにアクセスするのが一般的。成田〜カルガリーの直行便がとれれば、乗り継ぎ1回のみでイエローナイフにアクセスすることが可能です。
【所要時間】
・東京からイエローナイフ(乗り継ぎあり):約15時間
・バンクーバーからカルガリーまたはエドモントン:約1時間半
・カルガリーまたはエドモントンからイエローナイフ:約2時間
【航空機】
・日本からカナダ:エアーカナダ
・カナダ国内:ウエストジェット、カナディアンノース、ファーストエアー

空港からイエローナイフ市内へのアクセス

空港から市内までは約6キロ(所要時間は車で約15分)。
タクシーまたはホテルのシャトルバス、ツアー会社の送迎車を利用する。

イエローナイフはどんな街?

オーロラ鑑賞で世界的に有名なカナダの町。グレート・スレイブ湖に面したエリアにダウンタウンがあり、湖に突き出た半島エリアにオールドタウンがあります。ダウンタウンからオールドタウンへは車やバスで約10分。小さな町なので、市内中心部の主要箇所には歩いてアクセスすることが可能です。ただ町を出ると大自然が広がっているので、車などの交通手段が必要となります。オーロラ鑑賞のツアーがあり、夏・冬ともに専用の鑑賞施設で行っているので、ツアーをご利用されることをおすすめします。
オーロラ鑑賞
オーロラ特集TOPへ

アラスカのオーロラツアー

アラスカのオーロラ鑑賞

オーロラの街フェアバンクスで最高のオーロラを観る!

往復空港送迎付き!3夜オーロラ鑑賞 オーロラツアー
フェアバンクスのオーロラツアー
アラスカの人気オーロラツアー。日照時間が短くなる8月中旬から夜はオーロラ観測が可能になります。フェアバンクス郊外のオーロラ観測ロッジにて、オーロラ鑑賞にご案内します。場所はスキーランド、オーロラボレアリスロッジ、シャンダラーランチ、オーロラハウスのいずれかの施設での鑑賞となります。
専用ロッジで快適なオーロラ鑑賞をお楽しみください。
オーロラ鑑賞
アラスカのオーロラ鑑賞

アラスカの人気温泉リゾートでオーロラを見る!

往復空港送迎付き!3夜オーロラ鑑賞 チェナ温泉イブニングトリップ
フェアバンクスのオーロラツアー
日照時間が短くなる8月中旬からは夜オーロラ観測が可能になります。現地ドライバーが案内しますが、チェナ温泉(Chena Hot Springs)は日本語スタッフが居るので安心です。チェナ温泉はアラスカで唯一年間を通してオープンしている温泉リゾートで、ゴールドラッシュの時代に発見されてから静養地として長く利用されてきました。
人気のアラスカ温泉リゾートで快適なオーロラ鑑賞をお楽しみください。
オーロラ鑑賞
アラスカのオーロラ鑑賞

北極ドライブとオーロラ鑑賞!

往復空港送迎付き!3夜オーロラ鑑賞 ドルトンハイウェイ北極圏フライ&オーロラハンティング
フェアバンクスのオーロラツアー
広大なアラスカの地をトラックが進む。いかにもアメリカ大陸的な風景ですね!世界最北のドライブインといわれるコールドフットまで飛行機で行き、そこからドルトンハイウェイを通ってトラックでフェアバンクスまで北極ドライブ!
コールドフットはかつてゴールドラッシュで栄えた街ですが、現在は北極圏を探索するための拠点になっています。北極圏を体感できるアラスカドライブ。8月下旬からはオーロラを観ることも可能。
オーロラ鑑賞

アラスカのオーロラ鑑賞

フェアバンクス基本情報

フェアバンクスへのアクセス
【経路】
直行便はなく、シアトルなどのアメリカ北西部の都市経由で行くのが一般的。 個人旅行で行かれる場合は、毎日運行しているデルタ航空を利用されるのが便利です。シアトル経由でアクセスする場合と、シアトルとアンカレッジの2都市経由でアクセスする場合があります。またアラスカ最大の都市アンカレッジからアラスカ鉄道が1日1本(5月中旬〜9月中旬)運行しています(それ以外のシーズンは週末のみ運行)。
【所要時間】
・東京からフェアバンクス(乗り継ぎあり):約15時間
【航空機】
・日本からシアトル:デルタ航空、ユナイテッド航空、全日空(約9時間)
・シアトルからフェアバンクス:アラスカ航空(約3時間40分)

フェアバンクスはどんな街?
アラスカ州の中央部にある都市。アラスカ内陸部では最大の都市で、オーロラの見える街として世界的に有名です。ゴールドラッシュ時代から栄え、たくさんの金が採掘されました。現在はアラスカ第2の商業都市となっています。アラスカ鉄道の終着駅があり、アメリカ最北の鉄道駅としても知られています。エル・ドラド金鉱やアラスカランド、チェナ温泉などの観光地があり、オーロラだけでなく犬ぞりやスノーモービルなどアラスカならではの観光も人気。夏季は多くの観光客でにぎわいます。

フィンランドのオーロラツアー

フィンランドのオーロラ鑑賞

ロヴァニエミ郊外で美しいオーロラを鑑賞!

オーロライナー・ロバニィ(日本語アシスタント付) オーロライナー・ロバニィ(日本語アシスタント付)
3時間、軽食付き

ロヴァニエミのオーロラツアー
ロヴァニエミ郊外のオーロラの見やすいポイントへご案内。道中でもオーロラを探しながらポイントへと向かいます。街の灯りが多いロヴァニエミでオーロラを見ることは難しいですが、このツアーでは絶好のオーロラ観光地点として有名な、郊外のスノーホテルへと移動し、貸し切りのコタ(コテージ)の中で暖炉を囲み、暖かい飲み物とマッカラ(北欧のソーセージ)をお召し上がり頂きながら、オーロラの出現を待ちます。

オーロラ鑑賞

※12月はスノーホテル内部の見学は不可になります。
フィンランドのオーロラ鑑賞

フィンランド名物の夕食付き!ロヴァニエミ郊外で美しいオーロラを鑑賞!

オーロライナー・ロバニィ(夕食・日本語アシスタント付) オーロライナー・ロバニィ(夕食・日本語アシスタント付)
5時間、夕食付き

フィンランドのオーロラツアー
ロヴァニエミ郊外のオーロラの見やすいポイントへご案内!道中でもオーロラを探しながらポイントへと向かいます。街の灯りが多いロヴァニエミでオーロラを見ることは難しいですが、このツアーでは絶好のオーロラ観光地点として有名な、郊外のスノーホテルへと移動し、貸し切りのコタ(コテージ)の中で暖炉を囲み、暖かい飲み物とマッカラ(北欧のソーセージ)をお召し上がり頂きながら、オーロラの出現を待ちます。ディナーはフィンランド名物サーモンがメインの3コース。
オーロラ鑑賞

※12月はスノーホテル内部の見学は不可になります。
フィンランドのオーロラ鑑賞

夕食&スノーサウナを体験!ロヴァニエミ郊外で美しいオーロラを鑑賞!

オーロライナー・ロバニィ(夕食&スノーサウナ体験付) オーロライナー・ロバニィ(夕食&スノーサウナ体験付)
ロヴァニエミのオーロラツアー
ロヴァニエミ郊外のオーロラの見やすいポイントへご案内!道中でもオーロラを探しながらポイントへと向かいます。
街の灯りが多いロヴァニエミでオーロラを見ることは難しいですが、このツアーでは絶好のオーロラ観光地点として有名な、郊外のスノーホテルへと移動し、貸し切りのコタ(コテージ)の中で暖炉を囲み、暖かい飲み物とマッカラ(北欧のソーセージ)をお召し上がり頂きながら、オーロラの出現を待ちます。ディナーはフィンランド名物サーモン・グリルがメインの3コース。雪と氷で作られたスノーサウナ体験もこの地方ならではのアクティビティです。
オーロラ鑑賞

※12月はスノーホテル内部の見学は不可になります。
フィンランドのオーロラ鑑賞

サーリセルカの北にあるネリム村で幻想的なオーロラを鑑賞!

オーロライナー・サーリィ オーロライナー・サーリィ
サーリセルカのオーロラツアー
サーリセルカからオーロラが見える可能性の高い北へと向かい、オーロラの観測地として有名なイナリ湖畔にあるネリムという小さな村を訪れます。道中、車のライトを消してオーロラが出ているか確認しながら暗い道を進んでいきます。ネリム到着後はオーロラを待ちながらホテルにてパンと温かいスープをお楽しみください。
国境の近くにはパーツヨキという北極海へ流れ込む広い川があり、水が凍る音が聞こえる程の静寂の中で眺める橋からの景色は非常に幻想的です。当ツアーはオーロラを探すことに長けた現地在住者ドライバー(英語・現地語)の案内となりますが、もしもの場合もサーリセルカに駐在している日本語スタッフの連絡先を持っていますので必要に応じて日本語対応可能です。
オーロラ鑑賞
フィンランドのオーロラ鑑賞

フィンランド基本情報

フィンランドへのアクセス
【経路】
日本からフィンランドへは直行便が便利です。成田・中部・関空からは首都ヘルシンキまで約10時間15分。乗り継ぎの場合はドイツのミュンヘンやフランクフルト、デュッセルドルフ経由で約14時間。
【所要時間】
・東京からヘルシンキ:約10時間(直行便の場合)
【航空機】
・直行便:フィンエアー、JAL(約10時間)
・乗り継ぎ便:SASスカンジナビア航空、KLMオランダ航空、ルフトハンザ・ドイツ航空(約14時間)

ロヴァニエミはどんな街?
ロヴァニエミはヘルシンキから北へ835キロのところにある北極圏近くの街。サンタクロースの村があることで有名です。北極圏までは約8キロ。ラップランドの玄関であり、オーロラを観るのには最適の場所の一つ。

サーリセルカはどんな街?
サーリセルカはロヴァニエミの北へさらに300キロ行ったところにあるラップランド北部の街。フィンランド最北のリゾート地として多くの観光客が訪れます。冬にはオーロラが楽しめ、秋にはシラカバやヤマナラシの木々やベリーの葉が色づき、ハイキングに最適!

オーロラ特集TOPへ
オーロラの情報に関しまして
本ページに記載されているホテルの絶景の情報は2015年4月時点での情報です。

最終更新日:2015年8月