スペシャルツアー
催行決定しました!ご予約はまだ受付中です

ソウルツアー(ソウル・プヨの観光とグルメ) ソウルツアー(ソウル・プヨの観光とグルメ)

慶元まさ美と行く!秋のソウル・扶余3日間

大阪の人気パーソナリティー慶元まさ美さんと韓国旅行へ出かけてみませんか?慶元まさ美さんは韓国が好きで、年に何度も旅行で訪れるほど。このスペシャルツアーでは韓国の首都ソウルと地方都市扶余(プヨ)をご案内!韓国に精通したJHCスタッフ厳選の観光地と絶品グルメを味わうことができます。秋という素晴らしい季節に、是非今だけしか味わえない韓国を体験してみてください。

ツアーのポイント

・韓国の観光に精通したパーソナリティー慶元まさ美さんと韓国旅行が楽しめます
・ソウルだけでなく百済の古都 扶余(プヨ)を訪れることができます
・韓国に精通したJHCスタッフが実際に取材した「厳選グルメ」が味わえます
・貴重なキムチ作り体験ができます

ツアーで巡る主な観光地

韓国ツアーイメージ
観光だけでなくグルメも充実!
  • (1)フランス有名ガイドブックにも掲載された人気レストランでカンジャンケジャン
  • (2)ソウル官庁街の高級焼肉店で豪華なカルビコース
  • (3)繁華街明洞でアワビ入りの特製ビビンパ など
  • グルメの詳細はこちら
写真提供(左上・左下):韓国観光公社

ツアーお申込はこちらから

ソウルの観光地:広蔵市場 ツアーで行く観光地(1)
広蔵市場

ここがポイント!
活気あふれる伝統市場でディープなソウルを楽しめます!おすすめはピンデトクなどのローカルグルメ♪
ソウルの観光地:広蔵市場
ソウルの観光地:広蔵市場

人気の屋台フードがたくさん!100年の伝統を誇るグルメ市場へ

ソウル旅行の楽しみの一つにあげられるのが市場巡り。都市部の人ごみがあまり好きでない方も、市場の活気は楽しめるはず。その中でも広蔵市場(クァンジャンシジャン)は「グルメ横丁」として人気のおすすめの市場。最先端の文化、グルメが進んでいる中、伝統的な儀礼がそのまま生きている市場です。1905年に今の鐘路5街にオープンし100年以上が経っても伝統的な服から食材、日常雑貨まで幅広く取り扱っています。

ソウルの観光地:広蔵市場 地下鉄1号線鐘路5街駅からすぐで、2・5号線は乙支路4街駅からも徒歩6〜7分でアクセスが可能。東には東大門市場、近くには清渓川世界遺産宗廟もあり、ソウルを訪れる時には是非歩いてみましょう。うまいもん通りは、国内外からの活気あふれる市場でディープなソウルを楽しめます。 ピンデトク(緑豆で作ったチヂミ)、麻薬キンパ(太巻きより細い海苔巻き)、日本でも大人気おやつホットクなどのソウルのローカルグルメが楽しめます。ちなみに麻薬キンパは、一度食べたらやみつきになるといわれ、付けられた名前です。ピンデトクを食べる際には、まっこりを頼んで一緒に召し上がってください。また、漬物通りでは色んな種類のキムチ、漬物などが試食でき、日本へも持ち帰りができるよう計り売りで、パックしてくれます。治安もとってもよく、困った際には日本語、英語ができる観光警察が親切に案内してくれるので安心です。

ソウルの観光地:北村韓屋村 ツアーで行く観光地(2)
北村韓屋村

ここがポイント!
韓国伝統の屋敷が並ぶこのエリアはフォトジェニックな写真が撮れる場所として人気!散策好きにオススメの観光地です。
ソウルの観光地:北村韓屋村
ソウルの観光地:北村韓屋村

伝統家屋「韓屋」はとてもフォトジェニック!人気の北村散策へ

朝鮮王朝時代(1392〜1910)から残る韓国の伝統的な家屋「韓屋(ハンオク)」が密集するソウルを代表する観光スポットです。朝鮮王朝時代には、この辺りに貴族がたくさん住んでいたと言われてます。 地下鉄3号線、安国駅から徒歩5分でアクセスでき、坂の上の高台からソウルを眺めると、瓦屋根の美しい家々が並んでいるのが見えます。正面には南山、右には景福宮が眺められます。北村から東へ10分ほど進むと世界遺産の昌徳宮もあるので、合わせて観光するのがオススメです。また周辺には散策や買い物で人気の仁寺洞(インサドン)、世界遺産宗廟もあり、半日で周ることができる観光に便利なエリアです。 今は、なかなか見ることができない韓国伝統の屋敷が並ぶこの村には「北村8景」があり、フォトジェニックな写真が撮れるスポットとして大変人気があります。昔からの伝統的なものから、個性豊かな現代的な韓服(ハンボク) ショップやインテリアショップ、カフェもたくさんあり、歴史と現代が共存して、ソウルの魅力をたっぷり体験することができます。 韓屋村には地元の人が住んでいて日常生活をしてますので、観光の際にはマナーを守って散策しましょう。

ソウルの観光地:漢江ナイトクルーズ ツアーで行く観光地(3)
漢江クルーズ

ここがポイント!
ソウルの最新エリアで美しい夜景を楽しめます♪漢江の流れに身を委ねながらリラックスした時間が過ごしてみましょう
ソウルの観光地:漢江ナイトクルーズ
ソウルの観光地:漢江ナイトクルーズ
写真提供(左):elandcruise

ソウルのシンボル漢江でロマンチックな夜を体験!

ソウル市内を東西に流れる漢江(ハンガン)はソウルのシンボルです。韓国の東に位置している江源道(カンウォンド)から忠清道(チュンチョンド)、京機道(キョンギド)、それから西海岸までの総距離481Kmを流れていて、韓国では2番目に長い川。ソウルの南北を隔てた漢江は、北がソウル中心部、南が再開発地区となっていて、2つの異なったエリアをつなぎ、リバーサイドでは様々な新鮮な風景を見せてくれます。この辺りは1988年ソウル五輪を経て急速に発展し、アジアを代表する経済、文化の中心地になりました。そんな漢江は夜がオススメ!ライトアップされた橋と街の夜景は美しいです。そんな夜景をゆっくり楽しみたい方にオススメなのが漢江遊覧船によるナイトクルーズ。ソウル市民の憩い場である汝矣島(ヨイド)から盤浦大橋までの1時間のクルーズです。63ビルからソウルの夜景をクルーズから望めながら、折り返す支点である、盤浦大橋のレインボー噴水ショーを満喫できます。

ソウルの観光地:扶余(プヨ) ツアーで行く観光地(4)
扶余(プヨ)

ここがポイント!
韓国の歴史で重要な役割をもった古都を訪問します。歴史や世界遺産に関心がある人にオススメです。
ソウルの観光地:扶余(プヨ)
ソウルの観光地:扶余(プヨ)
写真提供:韓国観光公社

ユネスコ世界遺産を訪問!日本でもよく知られる百済の古都へ

「百済最後の都」として知られる扶余(プヨ)は韓国中西部にある地方都市。ソウルから高速バスで南に約2時間半のところにあります。百済は日本の歴史の教科書にも登場しますので、覚えている方も多いと思います。紀元前2世紀から扶余族が現在のソウル周辺に百済(ベッジェ)という国を作り、660年羅唐連合軍によって滅亡しました。首都をウィレ(ソウル周辺)から、ウンジン(今の公州)、最後の都でサビ(今の扶余)の3ヶ所あり、最後の都であった扶余は、古代日本とも交流があり新羅に滅ぼされるまで栄えていました。周辺には百済関係の遺跡が多くあり、歴史好きにはオススメの場所です。人気の観光地としては、定林寺址(国宝第9号)、国立扶余博物館、宮南池、白馬川(白馬江)のクルーズ、扶蘇山にある伝説の落花岩までウォーキングなどがあります。2015年には「百済歴史地区」が世界遺産として登録され、ますます注目されるようになりました。

ソウルのグルメ:ミュージアム「キムチ間」 ツアーで行く観光地(5)
ミュージアム「キムチ間」

ここがポイント!
韓国といえばキムチ!日本でも身近な食材ですが、実際に自分の手で作ることで、より健康食品キムチへの理解が深まるはず!
ソウルのグルメ:ミュージアム「キムチ間」
ソウルのグルメ:ミュージアム「キムチ間」

ビタミンCたっぷり!韓国の伝統食キムチを作ろう!

韓国を代表する料理であるキムチは、ユネスコ無形文化遺産に登録されています。ミュージアムキムチ間はキムチについて楽しく学べる博物館です。1986年にキムチ博物館としてオープンし、1987年より韓国の食品メーカー「プルムウォン」が運営を始めました。名前にある「間(カン)」とは場所のことで、キムチの多彩な効能やそれにまつわる物語が興味深く保管されている場所、キムチを感じ楽しみ体験する場所という意味が込められています。このミュージアムでは、キムチの歴史や作り方を学んだり、キムチを自分自身で作る体験ができることで人気です。五感を使ったマルチメディアの展示による体験型博物館で、大人から子供まで気軽に訪れることができます。2015年3月にはアメリカのニュースチャンネルCNNが選定した世界11大食品博物館の一つに選ばれました。

ソウルのグルメ・観光地:明洞 ツアーで行く観光地(6)
明洞

ここがポイント!
屋台グルメ・コスメショップ・ギフトショップがたくさん!食べ歩きや日本へのお土産を買うのに便利です
ソウルのグルメ・観光地:明洞
ソウルのグルメ・観光地:明洞
写真提供(左上・右上):韓国観光公社

一度は訪れたい!ソウル随一の繁華街を歩く

明洞はソウルに行ったら必ず立ち寄る観光地。ソウル一の繁華街で、日本でも知名度の高いエリアです。特別市中区にあり、近くには南大門市場もあります。露店や土産用スーパー、デザイナーブティック、ストリートグルメ、カジュアルファッション、コスメティックショップなどが揃い、近くに はロッテデパート、免税店もあります。また老舗レストランから大衆食堂までの様々な用途に合わせたグルメが楽しめ、昼食や夕食にもおすすめです。世界的に人気のパフォーマンスNANTAの専用劇場も明洞にあります。中心部にはゴシック建築のレンガ造りが特徴的な明洞聖堂が立っています。日本語も通じやすく韓国初心者でも気軽に歩け、リピーターにも人気がある散策エリアです。

ソウルのグルメ:クンキワチッ ツアーで味わえるグルメ(1)
クンキワチッ(カンジャンケジャンの有名店)

ここがポイント!
その日に仕入れた新鮮なカニを使ったカンジャンケジャンは絶品!1人前に一匹のカニが使われてボリュームも満点です!
ソウルのグルメ:クンキワチッ
ソウルのグルメ:クンキワチッ

フランス有名ガイドブックにも紹介された本格的な韓定食が味わえるレストラン

クンキワチッは美味しいカンジャンケジャンが味わえる人気のレストラン。1977年食の都といわれる全羅道(ゾンラド)、木浦(モッポ)でカンジャンケジャンの名人、ナングンヘウォル女史がオープンし、現在の三清洞には1998年に移しました。クンキワチッは韓国語で「大きい瓦の家」の意味で、これは貴族階級の両班(ヤンバン)の家を指します。その名前のとおりお店では様々な両班料理を味わうことができます。

ソウルのグルメ:クンキワチッ 人気メニューは蟹を使ったカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)。ホテルで長年シェフを務めた店主による手の込んだ料理の味は素晴らしく、牛肉・あわび・乾しエビなどを入れた醤油を7年間熟成させ、300年以上のカンジャンケジャンの秘伝の醤油として使われています。 カンジャンケジャンは、毎日新鮮なかにを仕入れ、何名のおばあさんたちの手により丁寧に手入れして、 その日に料理をおもてなしされるんだそうです。 キムチやナムルは、いかにも手が凝っており、お一人に1匹のカニが提供されて、見るだけでご飯がすすみそうです。食べ方としては、味がついてない海苔を醤油につけ、ご飯と食べたり、カニの身やカニ味噌をご飯に乗せて食べたり、最後はカニの甲羅にご飯を入れてまぜませしたら、とても贅沢なビビンパになります。またフランス有名ガイドブックにも掲載され、韓国では名人のお店となっております。行かれる際には必ず予約が必要な人気店です。

ソウルのグルメ:景福宮 ツアーで味わえるグルメ(2)
景福宮(高級カルビ焼肉レストラン)

ここがポイント!
メインの焼肉だけでなく、お刺身やみそチゲも味わえる至福のフルコース!
ソウルのグルメ:景福宮
ソウルのグルメ:景福宮

まるで王宮の味?ソウルの官庁街で高級カルビコースを味わう!

韓国といえば焼肉、王様はカルビです。仁寺洞の近くにある景福宮(キョンボックン)というレストランですが、周辺に各国の大使館や官庁、大手企業が多いため、接待などでもよく使われるんだそうです。 夕食で頼んだカルビコースでは、最初にお刺身の盛り合わせ、おかゆ、水キムチ、体に優しい韓国風のなめろとトマトサラダが出ます。その後、メインのカルビと色んな野菜の漬物が出され、贅沢さと優越感を感じるほどの美味しさです。みぞチゲも味わえます。

ソウルのグルメ:ヨンイッパ ツアーで味わえるグルメ(3)
ヨンイッパ(郷土料理店)

ここがポイント!
田んぼの近くにあるお店の外観はとってもフォトジェニック!ソウルでは味わえない地方ならではの郷土料理が楽しめます
ソウルのグルメ:ヨンイッパ
ソウルのグルメ:ヨンイッパ

扶余の名物、「蓮の葉ごはん」を味わう

扶余に行きましたら、宮南地という大きな池があり、7月には蓮の花が満開だそうです。扶余の郷土料理店を転々と回ってみつけた 蓮の物語りというレストラン。車で通り過ぎたら綺麗な家だなという印象でしたが、お世話になった扶余群庁の方の推薦店です。 十種類以上のおかずと、ローストした鴨肉と蓮の葉っぱで包んだご飯とスープは、ソウルや都会で味合うことができないものでした。レストランの外は芝になっており、隣には蓮の田んぼがあり、食後に少し歩かれたり、記念写真をとってもよしの場所でした。

ソウルのグルメ:全州中央会館 ツアーで味わえるグルメ(4)
全州中央会館(全州ビビンパとチヂミ)

ここがポイント!
10種類以上のナムルとアワビが入った贅沢な石焼ビビンパが味わえます!
ソウルのグルメ:全州中央会館
ソウルのグルメ:全州中央会館

石焼ビビンパ発祥の店で絶品のアワビ入りビビンパを味わう!

ソウル明洞にある狭い路地には韓国を代表する食べ物の老舗があります。全州中央会館は「石焼ビビンバ発祥の店」として有名です。美味しいビビンバを冷まさずに食べられる方法がないかと思案していた初代社長が試行錯誤の上に作ったのが、熱した石の器に入れたビビンバでした。1961年にオープンし、もともとは店名のとおり全州(チョンジュ)で営業していましたが、70年代には世界的に有名な企業の会長からの勧誘でデパートにまで進出。1981年には石焼ビビンバの美味しさを全国に広めたいという店主の思いから、ソウル随一の繁華街である明洞に本店をオープンしました。

ソウルのホテル:ノボテル アンバサダー ソウルヨンサン(客室) ツアーで宿泊するホテル
ノボテル アンバサダー ソウルヨンサン

ここがポイント!
2017年10月にグランドオープンしたばかりの新しい5つ星ホテルなので設備も充実!館内・客室ではWifiが無料!客室からの眺めも美しいです。
ソウルのホテル:ノボテル アンバサダー ソウルヨンサン(外観)
ソウルのホテル:ノボテル アンバサダー ソウルヨンサン(レストラン)

ソウル市内中心部にあるデラックスホテルに宿泊

2017年10月ソウル交通の中心地龍山駅から徒歩3分のところにグランドオープンしたデラックスホテルです。 40階の高さで621室の客室、30平米の広さで南山のソウルNタワー、漢江の景色を堪能できます。 館内・客室ではWifiが無料で、客室からはインターネットが無料で、さらに客室に備えているハンディーで、 日本、韓国国内への通話が無料でご利用できます。

    ツアーの基本情報
  • 出発期間:10月12日(金)〜10月14日(日)
  • 出発地:関西国際空港
  • 訪問都市:ソウル、扶余
  • 旅行期間:3日間
  • ご旅行代金:133,000円
  • 1人部屋利用追加代金:20,000円
  • 最小申込人数:40名から
  • 送迎:あり
  • 添乗員:あり(現地日本語ガイド)
  • 食事:朝食2回 / 昼食2回 / 夕食2回
  • 利用航空会社:アシアナ航空・エコノミークラス

  • ※空港税等目安額:航空保険料240円、関西空港3,040円(子供1,680円)、現地空港税2,800円が別途必要となります。
    10月ソウルの基本情報
  • 気温:平均16.3℃(最高:22度 / 最低:13度)
  • 服装:日本の10月と同じ服装で問題ありません
  • 為替:1円=10.1ウォン(2018年7月10日基準)
  • 電圧:220V(SEタイプのコンセントが必要)
    ツアーお問い合わせ先
  • ジェイエッチシー関西営業本部
  • ・住所:〒530-0054 大阪市北区南森町2-1-20南森町エンシンビル9階
  • ・電話番号:06-4709-7397
  • ・FAX:06-4709-7377
  • ・Email:travel-osa@jhc.co.jp

ツアーお申込はこちらから