ドラマのロケ地

日本でも人気の韓流ドラマ。ソウル市内のロケ地を巡って、その感動をもう一度体験してみませんか?あのドラマのヒロインを追いかけて、再びその世界へ。

詳しく その他のテーマ

韓流ドラマの世界へ飛び込む

日本人に人気の韓流ドラマ。主に女性たちの心をつかみ、日本のドラマ以上にエモーショナルな人間関係は、普段は隠れている私たちの感情を揺さぶります。嫉妬と葛藤が渦巻く複雑な人間関係、驚くような運命、人生を変える出会いと愛、印象的なセリフ。そんな感動的なドラマを支えるのが登場人物たちが住む世界。ソウルやその周辺には、そんな韓国のドラマの世界がそのままの姿で訪問者を迎えます。

ソウルの観光地:梨花洞
梨花洞

『屋根裏部屋の皇太子』とそのロケ地

ドラマ『屋根裏部屋の皇太子』は朝鮮時代の皇太子が21世紀の現代にタイムスリップする恋愛ドラマ。何者かによって嬪宮ファヨンを殺された皇太子イ・ガク(パク・ユチョン)は、捜査をする途中で崖から落ち、300年の時を超えて21世紀現代のソウルにタイムスリップしてしまう。パク・ハの屋根裏部屋で暮らすことになるが、ある日殺された嬪宮と瓜二つの女性ホン・セナ(チョン・ユミ)と出会い、婚約しようとする。しかし次第に同じ家で暮らすパク・ハ(パク・インジュ)に惹かれて行く。現代のソウルに舞い降りたイ・ガクが、気になるパク・ハの後を密かについていくシーンは梨花洞で撮影されています。壁画アートや屋外アートが展示された小高い丘で、今ソウルで人気の散策エリア。可愛い雑貨や隠れ家カフェもあり、曲がりくねった路地を歩きながらお気に入りの場所を探してみるのも楽しい体験です。

ソウルの観光地:ロッテワールドタワー
ロッテワールドタワー

『仮面』とそのロケ地

ドラマ『仮面』は果てしない人間の欲望の限界を超える名作ドラマ。ヒロインのジスク(スエ)はデパートの店員として働き経済的に苦しい生活をしている若き女性。あるとき自分と瓜二つの顔を持つ裕福なウンハと出会い、彼女の身代わりとして財閥家に入ります。『仮面』のロケ地としてロッテワールドタワーの下にある第2ロッテワールドのアベニュエル棟が使われています。精神障害を持つ主人公ミヌ(チュ・ジフン)が運営するデパートとして登場し、そのブランド売り場ではヒロインのジスクが勤務しています。

ソウルの観光地:東大門デザインプラザ(DDP)
東大門デザインプラザ(DDP)

『彼女はキレイだった』とそのロケ地

ドラマ『彼女はキレイだった』は初恋の男性と職場で再会した後のストーリーを描いたロマンチック・ラブコメディ。幼い頃は美人で優等生だったヘジン(ファン・ジョンウム)は、大人になるにつれて冴えない女性に変貌していた。雑誌出版社「ザ・モスト」の編集部で、副編集長ソンジュン(パク・ソジュン)はヒロインの初恋の相手。紆余曲折を繰り返しながら、二人の恋が再開します。劇中でヒロインの友人ハリがソンジュンに告白したのが東大門デザインプラザ(DDP)。巨大で芸術的な概観が特徴の文化センターです。また景福宮の西側にある村「西村(ソチョン)」にある西村オルゴール4757は、ヘジンと友だちのハリの家として使われました。古お店周辺は韓国の伝統家屋やカフェ、ギャラリーが立ち並ぶ閑静な地区なので散策におすすめ。


ソウルの散策:仁寺洞
仁寺洞

『野獣の美女コンシム』とそのロケ地

ドラマ『野獣の美女コンシム』は不幸な女性が幸せをつかむラブストーリー。才色兼備な姉だけを可愛がる両親の元で、家事や給仕を押し付けられるヒロインのコン・シム(ミナ)。ある日、彼女の屋根裏部屋に弁護士ダンテが引っ越してくる。引越しの初日から意見が合わずにダンテと口論するシムだが、次第に2人は互いに惹かれあうようになる。そしてダンテの友人であり財閥3世であるジュンスの訪問により、嫉妬と葛藤が生まれていく。ドラマの主な舞台である屋根裏部屋があるのは平倉(ピョンチャン)村道。朝鮮時代の倉庫だった平倉の跡に由来し、現在は個性的なギャラリーやカフェが集まっています。裏手には北漢山が広がり、閑静なため、多くのアーティストがこの地に住んでいます。
またソウルの伝統的ギャラリー街として有名な仁寺洞は、シムとジュンスが息抜きをする場所として描かれています。優等生的な生活を送っていた財閥の息子ジュンスは毎日を息詰まりに感じていました。そんなときにシムに連れられて出かけたのが仁寺洞。韓服に着替えて通りを散策し、記念写真を撮ったり、カフェでお茶をしたり。生まれて初めて心が開放されたのが、仁寺洞での散策だったのです。


ソウルの散策:三清洞
三清洞

『相続者たち』とそのロケ地

ドラマ『相続者たち』は名門私立高校を舞台にしたハイティーン・ロマンスドラマ。韓国社会の上流階級である財閥たちの世界を描いています。高校を運営するグループの相続者であるタン(イ・ミンホ)は、2人の母親に腹違いの兄弟など、複雑な家庭に育った私生児。家族の愛に無縁だったタンの目の前に、住み込みの家政婦親子が現れる。タンは家政婦の娘ウンサン(パク・シンヘ)と出会うことで友情と愛を知ります。そして大人が作った階級制度の中で嫉妬や逸脱、競争、試練を経験し、身分の違いを超えて愛を全うしていきます。二人がデートをしたソウル城郭道は、ソウルの自然と歴史に触れることができる600年前の城跡。ソウルから気軽にアクセスすることができ、傾斜が緩やかなので徒歩でゆっくりと上ることができます。城郭からはソウルの夜景も楽しめます。また、ドラマに登場するユンボソンギルは三清洞(サムチョンドン)エリアにある感性で趣きのある通り。おしゃれなフラワーショップやデザート専門店、ファッションショップなどがあり、グルメではエッグタルト専門店パステル・デ・ナタが人気です。ここはウンサンが雨宿りをして、ドリームキャッチャーを購入したお店。タンと別れた場所でもあります。


『太陽の末裔』とそのロケ地

ドラマ『太陽の末裔』は内戦による混乱で極限の環境におかれた架空の国を舞台にしたヒューマニズムメロドラマ。国のために命をかけて闘う特戦司所属大尉のシジン(ソン・ジュンギ)と医療奉仕団のチーム長モヨン(ソン・ヘギョ)など、混乱した世界を懸命に生きる人間の愛と成功を描き、それを通じて私たちに生きることの価値を考えさせてくれます。センスのいいデザインショップが立ち並ぶソウルの延南洞(ヨンナムドン)にあるビープラスエム(BplusM)は環境にやさしい家具店。ドラマではモヨンの部屋として使われました。そして2人が初めてデートをしたのはこの部屋!外で美味しい食事をご馳走するというシジンを、モヨンは自分の部屋に招き、出前を頼みます。シジンとモヨンがキッチンでビールを飲みながら会話をするシーンはとても印象的。

人気ドラマの舞台となったオープンセット場を訪問!

韓流ドラマ好きに人気の施設がソウル郊外の龍仁市にあります。大長今パーク(テジャングムパーク)は韓流テーマパークとオープンセット場を合わせた施設で、『朱蒙』、『善徳女王』、『太陽を抱く月』などの有名ドラマの舞台となりました。韓国の伝統建築様式や生活様式を再現した空間やドラマ関連のギフトショップもあります。日本でも人気となったドラマ『宮廷女官チャングムの誓い』の主な舞台となった水刺間(国王の食事のための厨房)はオススメの撮影スポットです。

韓国ドラマを鑑賞して感動した後は、そのロケ地へ出かけてみませんか?

韓国ドラマのロケ地を探索

ソウルの韓流ドラマロケ地ツアー

4大人気ドラマのロケ地巡り

日本語ガイド
韓流ドラマロケ地ツアー:4大人気ドラマのロケ地巡り
ソウルの韓流ドラマロケ地ツアー

大長今パークへ!韓流ドラマ人気ロケ地巡り

日本語ガイド
韓流ドラマロケ地ツアー:K-WAVE TOUR 韓流ドラマ人気ロケ地巡り
ソウルの韓流ドラマロケ地ツアー

プチフランスと南怡島 春川への思い出ツアー

日本語ガイド
韓流ドラマロケ地ツアー:プチフランスと南怡島 春川への思い出ツアー
ページTOP
サイトHOME