済州島のテーマ

済州島の夏を楽しむ

済州島の夏:咸徳犀牛峰海岸 より「よい」体験のためのポイント
  • 光り輝く海とビーチで至福のバカンス
  • 夏のオルレトレッキング
  • 夏の風物詩「ハンラサンのツツジ」
  • 新鮮な海産物グルメと黒豚肉
  • 島から島へ!のんびり離島トリップ
  • 海沿いのカフェとフォトジェニックなアイスクリーム
済州島の夏:オルレ
済州島の夏:牛島のアイスクリーム 済州島のテーマ:夏

夏のチェジュ

済州島の夏

山頂から楽しめる絵葉書のような絶景!

城山日出峰 / トレッキング / 世界自然遺産
済州島の夏:城山日出峰
済州島の夏

ハンラサンに咲くツツジ

漢拏山 / トレッキング
済州島の夏:ハンラサンに咲くツツジ
済州島の夏

夏のチェジュの絶品グルメ

アワビ / タチウオ / 海鮮トッペギ / 黒豚焼肉
済州島の夏:アワビのムルフェ
済州島の夏

済州島のさらに先へ・・・離島トリップ!

牛島 / カフェ / アイスクリーム
済州島の夏:・牛島のカフェ
済州島の夏

森と滝でヒーリングトリップ!

西帰浦自然休養林 / 天帝淵瀑布
済州島の夏:天帝淵瀑布
済州島の夏

美しい火山と海の絶景、フォトジェニックなスイーツを体験

山房山 / 龍頭海岸 / アイスクリーム
済州島の夏:チチポン
済州島の夏

夏のチェジュの美しいビーチへ!

咸徳犀海水浴場 / 涯月ハンダム海岸道路
済州島の夏:挟才海水浴場

山頂から楽しめる絵葉書のような絶景!

済州島の夏:城山日出峰
城山日出峰
城山日出峰でのトレッキングは夏の済州島バカンスのハイライト。頂上まで徒歩で約30分!城山日出峰は済州島東側にそびえる巨大な王冠のような形をした火山で、山頂のクレーター部分は美しい緑で覆われています。青い海とのコントラストが美しい。
城山日出峰を体験!
済州島の夏:城山日出峰の頂上からの眺め
城山日出峰の頂上からの眺め
城山日出峰の頂上からはチェジュの360度パノラマが楽しめます。城山日出峰は済州島に約360個あるオルムの一つで、ユネスコの世界自然遺産に登録されています。
済州島の夏:城山日出峰から見たハンラサン
城山日出峰から見たハンラサン
城山日出峰の頂上からは済州島のシンボルであるハンラサンが見えます。北側には牛島、西側には城山里の絶景が望めます。

ハンラサンに咲くツツジ

済州島の夏:ハンラサン
漢拏山(ハンラサン)
ハンラサンは夏のトレッキングがおすすめ。韓国最南端にあるハンラサンは海抜1,950mある韓国で最も高い山。観光3大霊山の一つであり、太古から済州島を見守る母なる山として島の人々に親しまれています。夏に咲くハンラサンのツツジは済州島を代表する景観。初夏の緑も美しいです。
ハンラサンを体験!

夏のチェジュの絶品グルメ

済州島の夏グルメ:アワビや魚介類の刺身
アワビや魚介類の刺身
夏の済州島には美味しい海の幸がたくさん!海産物を使ったグルメの宝庫です。済州島の魚介類の中でも特に優れている食材の一つがアワビで、味・形・質とともに半島のアワビとは大きく異なっています。歯ごたえのある大きくて新鮮なアワビは絶品!韓国ではチョジャン(酢味噌)をつけて食べます。
済州島の夏グルメ:アワビのムルフェ
アワビのムルフェ
暑い夏にオススメの料理といえば、アワビを使ったムルフェ。ムルフェとは刺身を氷水の中に浮かべた料理。大きなアワビを切って済州島産味噌を溶かして作ります。
済州島の夏グルメ:アワビの釜飯
アワビの釜飯
新鮮なアワビがたくさん入った釜飯は済州島の人気メニュー。色のついたバター味のご飯も美味しい!
済州島の夏グルメ:タチウオの塩焼き
タチウオの塩焼き
アワビだけではなく太刀魚も済州島の名産です。前菜と一緒に味わう太刀魚の塩焼きはボリューム満点!
済州島の夏グルメ:サバ煮
サバ煮
サバ好きにはたまらない済州島のスパイシーなサバの煮付けは絶品!
済州島の夏グルメ:海鮮トッペギ
海鮮トッペギ
海鮮トッペギは済州島の名物料理の一つ。1人サイズの土鍋にウニ、エビ、トコブシなどのヘムル(海産物)がふんだんに入った贅沢なスープです。アワビが丸ごと入ったメニューは済州島ならでは!
済州島の夏グルメ:黒豚焼肉
黒豚焼肉
一度は味わいたい済州島名物の黒豚焼肉。その美味しさは箸を止めることをためらうほど
済州島の夏グルメ:茹で黒豚肉
茹で黒豚肉
黒豚といえば焼肉が有名ですが、茹で黒豚肉も済州島の人気料理。済州島では肉を厚切りにするのが特徴です。
済州島の夏グルメ:冷麺
冷麺
夏の済州島で涼を感じたい方は特製冷麺を注文してみましょう。その独得の味とコシは病みつきになるはず!

済州島のさらに先へ・・・離島トリップ!

済州島の夏:牛島
牛島
済州島で島といえばウド(牛島)!島の形が牛が横たわっているように見えることから名づけられました。済州島周辺にある62の島の中で最大の島で、済州の美しさをそのまま凝縮したような魅力に満ちています。一年を通してエメラルドグリーンの色合いを保つ海はとても美しく、牛島峰の山頂に続く遊歩道は人気のハイキングコースです。
済州島の夏:牛島のアイスクリーム
牛島のアイスクリーム
牛島のアイスクリームショップで一休み。牛島の特産品であるピーナッツが入っています。島内には話題のカフェやベーカリーもあります。
済州島の夏:牛島のカフェ
牛島のカフェ
ようこそUDOへ!牛島のビーチ沿いには素敵な絶景カフェが点在しています。海を眺めながら一休み。
HELLO UDO COFFEE
済州島の夏:牛島のカフェ
牛島のカフェ
お気に入りのカフェを見つけたら、島ならではののんびりとしたカフェタイムを楽しみましょう。そんな時間がチェジュ旅行の醍醐味です。
ウドバラギ

森と滝でヒーリングトリップ!

済州島の夏:西帰浦自然休養林
西帰浦自然休養林
夏の済州島では森林浴も人気の体験の一つです。島には古代の姿がそのまま保存された多くの原生林が残っています。日常の疲れを癒しに、そして新たな力を得に、神秘的な森の中へ足を踏み入れてみましょう。
済州島の夏:天帝淵瀑布
天帝淵瀑布
夏の済州島旅行では、涼しい滝に出かけてみるのもいいですね。天帝淵瀑布は済州島の三大瀑布の一つである済州島最大規模の滝。道教の天帝に仕える7人の天女が沐浴をした場所といわれています。その壮大な眺めから中文エリアの人気観光地となっています。
天帝淵瀑布を体験!

美しい火山と海の絶景を体験!

済州島の夏:山房山(サンバンサン)
山房山(サンバンサン)
山房山は済州南西部にある鐘型の形をした美しい火山。その神秘的な姿は島内の様々な場所から眺めることができます。山房山は「山の中の洞窟」を意味し、山の南側の海抜150mほどのところには海蝕洞の洞窟があります。その独得の風景は「済州十景」にも選ばれています。
済州島の夏:山房山と龍頭海岸
山房山と龍頭海岸
山房山を訪れたら、ぜひ龍頭海岸にも足を運んでみましょう。山房山と龍頭海岸の組み合わせは美しい火山地形と海の絶景として有名で、この地域はユネスコの世界ジオパーク(地質公園)に登録され、2014年には生態観光用のトレイルが整備されています。
山房山を体験!
済州島の夏:チチポンのアイスクリーム
チチポン
龍頭海岸の近くにあるチチポン。ウサギの形をしたアイスクリームで有名なお店で、フォトジェニックな写真が撮れる場所としても人気です。ウサギのネオンや木の看板、店内に飾られた小物など、女性心をくすぐるアイテムがたくさん!美しい済州島で可愛いアイス、その楽しいギャップを味わってみませんか?
済州島の夏:龍頭海岸にあるお店
龍頭海岸のショップ
龍頭海岸の西側駐車場に行くまでの道沿いにはこんなお店も。海の雰囲気たっぷりのオリジナルスイーツを食べてみましょう
済州島の夏:レイジーボックスカフェ(山房山付近のカフェ)
レイジーボックスカフェ
山房山の麓にはオシャレなカフェもあって休憩にオススメ!海と兄弟島を見下ろす眺めのいいカフェで、バリスタが淹れる本格的なコーヒーが味わえます。他にもオーガニックな済州島のグルメを食べることができます。
済州島の夏:ウェドルゲ
ウェドルゲ
夏の日差しを浴びてそそり立つのはウェドルゲ。韓国語で「たった一つの塊」を意味する巨大な岩です。荒々しい波間の中に立つ姿は雄大で、高さ20mの頂上には松の木が自生しています。約150万年前のハルラサンの火山噴火の際に形成されたといわれています。
済州島の夏:タランシオルム(月郎峰)
タランシオルム(月郎峰)
一面が緑に覆われた美しいオルム、タランシオルム。全周3,391m、円形となっている底径が1,013mもある大規模なものです。山頂周辺では緑豊かな夏の草原を歩くことができます。

歩くことで島を体感!夏のオルレトレッキング

済州島の夏:オルレ
オルレ
済州島にはオルレと呼ばれるトレッキングルートがたくさん用意されています。もともとオルレとは済州島の方言で「大通りから民家に至る小さな路地」を意味しています。夏に歩くオルレは最高!地質学的に貴重な自然が残る済州島を肌で体験するにはその地形を実際に歩くのが一番です。歩くのが好きな方は是非オルレを体験してチェジュの大自然を味わってみましょう。
済州島の夏:オルレ
オルレ
オルレを歩けばこんなに美しい景色が待っています。
済州島の夏:済州島南部にある海辺のカフェ
済州島南部にある海辺のカフェ
トレッキングの合間には、海辺のカフェで一休み。島のカフェで飲むジュースやコーヒーはどこも絶品!

夏のチェジュの美しいビーチへ!

済州島の夏:咸犀水浴場(ハンドクビーチ)
咸徳犀海水浴場
夏の済州島といえば海!特に美しい海を見たい人にオススメなのが咸徳犀海水浴場(ハンドクビーチ)。済州市内から東に14kmのところにあり、美しい翡翠色の海と真っ白な砂浜が広がっています。
済州島の夏:咸犀水浴場(ハンドクビーチ)
咸徳犀海水浴場
どこかロマンチックで美しい景観と遠浅の穏やかな海で、異国のような風景が魅力的です。
済州島の夏:咸犀水浴場(ハンドクビーチ)
咸犀水浴場
海のすぐ近くにはリゾートホテルもあり、夏のバカンスにおすすめです。アワビのお粥やヘムルタン(海鮮鍋)、黒豚の焼肉などのお店も並んでいてグルメも充実!波も高くなく遠浅の海が500メートルほど広がっているので家族連れの避暑客に人気のビーチです。
済州島の夏:ハンダム海岸道路
涯月(エウォル)ハンダム海岸道路
絶壁の海岸道路と火山地形が魅力的な涯月(エウォル)を散策。涯月ハンダム海岸道路は 深い青色をした海が美しい海岸散策路。ドライブにもオススメです。ハンダム村からスタートし、静かながら飽きない散策路となっています。
済州島の夏:涯月(エウォル)の海辺テラス
涯月(エウォル)の海辺テラス
涯月(エウォル)では海の風景を眺めながら島のコーヒーで休憩しましょう。海沿いにはこんなテラスもあります。 エウォルは「崖の上に浮かんだ月」という意味で、美しいサンセットでも有名です。ロマンチックな夏の済州島を探している方にはオススメの場所。
済州島の夏:挟才海水浴場(ヒョプチェヘスヨッジャン)
挟才海水浴場(ヒョプチェヘスヨッジャン)
挟才海水浴場(ヒョプチェヘスヨッジャン)は、透明度の高い海と白砂で有名なビーチ。ハンリム公園に隣接しています。白い砂と貝殻が混ざり合った砂浜が約9kmにわたって続き、夕暮れ時の風景はとってもロマンチック!遠浅なのでファミリーにもオススメのビーチです。
済州島の夏:みかんジュース
みかんジュース
夏の済州島でのどが渇いたら、迷わずにみかんジュースを!島の守り神であるトルハルバンをモチーフにした見た目もかわいらしいジュースが人気。済州島名産のみかんで作られたジュースは程よい酸味が効いて絶品です。
済州島のみかんについて

それでは素晴らしい夏の済州島をお楽しみください!