済州島の食 / 済州島基本情報

黒豚肉

済州島の食材・伝統料理・特産品:黒豚焼肉 より「よい」体験のためのポイント
  • 済州島の肉といえば黒豚
  • 豊かな土壌で育った豚は風味豊かで口の中に甘みが広がる
  • 美味しい黒豚を味わうなら済州市内にある黒豚ストリートへ!
済州島の食材・伝統料理・特産品:黒豚焼肉
済州島の食材・伝統料理・特産品:黒豚焼肉 韓国基本情報:韓国の食

マッコリと一緒に!大自然の恵み 済州島の黒豚焼肉を豪快に味わう

済州島の食材・伝統料理・特産品:豚焼肉 美しい海と火山に囲まれた済州島では、ここにしかない自然の恵みを受けた地元料理が味わえます。済州島の肉といえば、黒豚が有名。韓国ではチェジュといえば黒豚を連想するほど、済州島の黒豚は甘みがあって特別な存在です。かつては島の冠婚葬祭で必ずといっていいほど豚肉料理がふるまわれたそうです。
済州島では、黒豚が毎年7万頭のみ限定生産され、平均気温16度の漢拏山(ハルラサン)の麓で放し飼いされています。大草原に放牧してのびのびと育てられた豚は肉質が良く、風味豊か。コシがあり臭みも少ないのが特徴です。噛めば噛むほど黒豚特有の甘みが口の中に広がります。その味わいは他では体験できないもの。黒豚を使った料理で代表的なものといえば焼肉。済州島へ訪れたら是非食べたい名物グルメの一つです。特に豚の三枚肉として有名なサムギョプサルに使われる肉は済州島の黒豚が一番美味しいといわれています。焼肉にはイワシの魚醤をつけて食べるのが済州島流の食べ方。他にサムギョプサル(三枚肉)よりさらに多いオギョプサル(五枚肉)は済州島でしか味わえない贅沢な豚肉料理です。韓国でもっとも美味しい肉グルメを堪能できる場所は済州島といっても過言ではありません。

焼肉だけじゃない黒豚料理の魅力

済州島の食材・伝統料理・特産品:コギククス 済州島の黒豚料理は焼肉以外にも様々な美味しい料理があります。そのうちの一つであるコギククスは豚肉うどんで、済州島名物。一般的に韓国でコギ(肉)といえば牛肉のことですが、済州島では豚肉を指します。黒豚肉と豚骨、野菜を大鍋でじっくり煮込んだスープは上品な口当たりで臭みがなく、ククス(中太麺)と絶妙に絡み合って食欲をそそります。一度食べたら病みつきになる味です。

モンクックは藻と豚骨のスープで、済州島の郷土料理の一つです。旨みの詰まった豚骨スープに島でよく獲れる海藻ホンダワラと、旬の野菜を入れたヘルシーな料理で女性旅行者に人気!素朴ながらも深みのある味はチェジュのソウルフードです。

トンベコギは茹で豚料理で、済州島の有名な郷土料理の一つです。厚切りした豚肉を味噌やニンニク、生姜、薬味などで水炊きしたもので、さっぱしとした口当たりが特徴。茹でた豚肉をキムチや生野菜と一緒に食べるポッサムと似ていますが、トンベコギは味付けがされていますのでそのまま美味しく味わうことができます。
済州島の食材・伝統料理・特産品:豚焼肉黒豚焼肉
済州島内にはたくさんの黒豚焼肉のレストランがあります。黒豚通りというグルメストリートがあり、人気の黒豚焼肉のお店が集まっています。地元住民が集まるお店に出かけてみましょう。
済州島の食材・伝統料理・特産品:コギククス コギククス(肉うどん)
一般的に韓国でコギ(肉)といえば牛肉のことですが、済州島では豚肉を指します。黒豚肉と豚骨、野菜を大鍋でじっくり煮込んだスープは上品な口当たりで臭みがなく、ククス(中太麺)と絶妙に絡み合って食欲をそそります。一度食べたら病みつきになる味です。 コギククスが味わえる現地ツアー