女子のためのバンコク体験

ワット・パクナム / Wat Paknam

バンコクの観光:ワット・パクナム より「よい」体験のためのポイント
  • フォトジェニックな仏塔と天井画で人気
  • 独特の仏教宇宙を体験できる
バンコクの観光:BTSウタカート駅
バンコクの観光:ワット・パクナム近くの店 バンコクの体験:ワット・パクナム
バンコクの観光:ワット・パクナムの外観
ワット・パクナムの外観

インスタグラムで話題の寺院へ!

タイの寺院といえば、金色に輝く煌びやかなイメージがあり、それだけでも日本の寺院とは違った魅力があります。有名なのはワット・ポー、ワット・アルン、ワット・プラケオなどの王宮付近にある寺院。有名寺院巡りもいいですが、今回は中心部から離れた地区にある穴場の寺院をご紹介!実はフォトジェニックな美しさで女性に人気の寺院です。

バンコクにあるワットパクナムは最近日本人の来訪者が多い仏教寺院。そこにある仏塔がインスタグラムなどのSNSで話題を集めています。場所はバンコク中心部から離れたトンブリ地区。BTSウタカート駅から歩いて約20分の場所にあります。たどり着けるか不安な方はバンコク市内もしくはBTSウタカート駅からタクシーを利用することをオススメします。
閑静な寺院に足を踏み入れると、地元の人たちが多く参拝に訪れていて、信仰の篤さを知ることができます。最上階に上がると、そこにあるのはアート作品のような壮大な天井画!バンコクにある他の寺院とは異なる不思議な仏教の大宇宙を体験することができます。エメラルド色に輝く仏塔と神秘的な天井画がこの世のものとは思えない美しさを醸し出し、仏教徒でなくても強いパワーをもらえそうな気がしてきます。 バンコクの観光:ワット・パクナムの仏塔と天井画
ワット・パクナムの仏塔と天井画

「河口の寺院」を意味するワット・パクナム。別院が日本にも

ワット・パクナムはアユタヤ王朝の時代に建立された長い歴史のあるお寺です。「河口の寺院」を意味していて、その名前のとおり寺院の周辺には運河が多いです。19世紀には現王朝のラマ3世、4世、5世が寺院の改修工事や運河の建設に力を注いできました。最上階にある話題の仏塔は 前タイ国王陛下と王妃陛下の72歳の誕生日を祝って建てられた仏塔で、2012年に落成式が行われました。一辺の長さが52メートルの正方形の台座に位置し、高さは80メートルもあり、その先端には100kgの黄金で造られた宝珠が供えられています。ちなみにワットパクナムは日本の千葉県成田市に別院があるそうです。日本と縁があるというのも日本人に人気の理由かもしれませんね。

バンコク中心地から離れていますが、決して遠くはなく、行く価値はあります。ただ現地の人にとっては大事な信仰の場所ですので敬意を払って静かな観光を楽しみたいですね。 バンコクの観光:ワット・パクナム
ワット・パクナム寺院の猫
    ワット・パクナムの基本情報
    バンコクの寺院

  • 住所:Khwaeng Pak Khlong Phasi Charoen, Khet Phasi Charoen Krung Thep Maha Nakhon 10160
  • 最寄駅:BTSウタカート駅
  • アクセス方法:BTSウタカート駅から徒歩約20分
  • エリア:トンブリ
  • 拝観時間:8時〜18時
  • 関連テーマ
  • バンコクの体験
ワット・パクナムの地図

ワット・パクナムの体験