海外格安レンタカー予約
海外格安レンタカー予約 > フランス ミディ・ピレネー地方 格安レンタカー

ミディ・ピレネー地方レンタカー比較予約

ミディ・ピレネー地方レンタカー特集
美しい村と大自然を感じるドライブ

パリから飛行機でわずか1時間。大西洋と地中海に挟まれたフランス南西部の大自然をレンタカーで巡ってみませんか?美味しいワインと岩壁の美しい村、そしてラテン気質の地元の人々との触れ合いも楽しい。

レンタカーで人気のミディ・ピレネーについて

ミディ・ピレネーレンタカー(トゥールーズからのドライブ地図)ミディ・ピレネー地方ってどんな場所?

スペインと国境を接する広大な自然
フランス南西部に位置するミディ・ピレネー地方はドライブにおすすめのエリア。大西洋と地中海に挟まれ、南仏の美しい大自然を楽しむことができます。中心都市はトゥールーズ。その他の大きな都市にロートレックの生まれた街アルビ、赤ワインで有名なカオールがあります。10万年の時をかけた氷河の浸食によってできた巨大なガヴァルニー圏谷は古代より多くの登山家や作家を魅了した登山ルートがあり、フランス南部のスケールの大きい自然を味わえます。そしてミディ・ピレネーの魅力はなんといっても宝石のように美しい小さな村々。フランスで最も美しいといわれた村があり、周りには美味しいワインを生み出すブドウ畑が広がっています。ピレネー山脈や地中海、そして美しい村々を訪れるドライブに出かけてみませんか?

魅力的な中心都市トゥールーズ
トゥールーズはミディ・ピレネーの中心都市。 ミディ・ピレネー地方をドライブするならこの街を拠点にするのが便利。トゥールーズは人口45万人を有するフランス第5の都市で、パリから飛行機で約1時間半の場所にあります。赤茶色の瓦とピンク色のレンガで覆われたトゥールーズは「バラ色の街」と呼ばれ、その美しさは一度見たら忘れられません。またスペインとの国境とも近く、お祭り気分のラテン気質と見事な建築物を見ることができます。
ミディ・ピレネーレンタカー市内には航空機メーカーで有名なエアバスの本社があり、トゥールーズは航空宇宙産業の成功した街としても知られています。コンコルドなどの歴史的な名機を見学できる航空機博物館アエロスコーピアや宇宙を身近に体験できるテーマパーク シテ・ド・レスパスがあり、子供から大人まで楽しめます。街中には世界遺産に登録されているミディ運河が流れています。

トゥールーズを拠点にアクセスしにくい村までドライブ
トゥールーズからレンタカーを借りれば、『天空の城ラピュタ』のモデルとなった村コルド・シュール・シエルや岸壁の上に立つ城塞都市ロカマドゥールなど、公共交通機関ではなかなかアクセスできないミディ・ピレネー地方の魅力を発見することができます。

ミディ・ピレネーの人気ドライブコース(1)トゥールーズからコルド・シュール・シエル

ミディ・ピレネーレンタカー (C)C Riviere CDT du Tarn
『天空の城ラピュタ』のモデルとなった村へ

まずは「赤い町」アルビへ
トゥールーズからアルビを経由してコルド・シュール・シエルに到着するドライブルートです。トゥ−ルーズから北東に1時間ほど走るとアルビという町があります。中央山塊から大西洋に向かって流れる大河ガロンヌの支流のひとつであるタルン川沿いに横たわる小さな町です。ピンクや黄土色の建物が多いのが特徴で、かつて繁栄した中世の面影を残しています。それはタルン流域でとれる粘土を原料としたレンガで作られているためです。そのためアルビは「赤い町」と呼ばれますが、実際には淡いばら色をしています。

フランスの画家ロートレックの故郷
アルビはかつて司教座がおかれたフランスの中心都市でもあり、この街の旧市街はアルビの司教座都市として世界遺産に登録されています。またアルビは19世紀末のフランス画家トゥールーズ・ロートレックの故郷としても知られ、かつて司教館だったベルビー宮殿は現在ロートレック美術館になっています。子供時代から晩年までのデッサンや絵画が年代順に並べられ、パリでの風俗画で一世を風靡したロートレックの躍動にあふれた生涯を知ることができます。この宮殿は庭園も美しく、そこから赤色をしたタルン川の雄大な流れを見ることができます。

ミディ・ピレネーレンタカー (C)Atout France Japon
天空の町コルド・シュール・シエルを一望!
アルビから北に約40分ほどドライブすると、コルド・シュール・シエルという村に到着します。この村までの道はほとんど1本道で、春には道の両側に広がるひまわり畑の風景を楽しむことができます。コルド・シュール・シエルは2014年に「フランス人が最も好きな村」の1位に選ばれ、朝霧の中に浮かび上がる村の風景は美しいです。その独特の景観から『天空の城ラピュタ』のモデルになりました。この美しい村の全体を一望するために隣の丘の展望台までドライブしてみましょう。展望台から眺めるコルド・シュール・シエルはまさに天空の町!







トゥールーズからコルド・シュール・シエルへのアクセス

距離:約100km
所要時間:約1時間半
ドライブルート:トゥールーズ→アルビ→コルド・シュール・シエル
見所:アルビの旧市街、サン・セシル大聖堂、ロートレック美術館、コルド・シュル・シエルの街を一望できる丘

ミディ・ピレネーの人気ドライブコース(2)トゥールーズからナジャック

ミディ・ピレネーレンタカーフランスで最も美しい村ナジャックへ

まずはロートレックの故郷アルビへ
トゥールーズからアルビを経由してナジャックに到着するドライブルートです。トゥ−ルーズから北東に1時間ほど走るとアルビという町があります。ピンクや黄土色の建物が多いのが特徴で、かつて繁栄した中世の面影を残しています。ここはかつて司教座がおかれたフランスの中心都市でもあり、この街の旧市街はアルビの司教座都市として世界遺産に登録されています。またアルビは19世紀末のフランス画家トゥールーズ・ロートレックの故郷としても知られ、かつて司教館だったベルビー宮殿は現在ロートレック美術館になっています。

山の稜線に作られたフランスで最も美しい村までドライブ
アルビから北へ1時間ほど走ると、ナジャックという村に到着します。ここは「フランスの最も美しい村」の一つに選ばれたこともある中世の村。13世紀につけられ山の稜線に沿って作られました。小高い丘の上には要塞として使われた古城が残り、1本の目抜き通りの両脇に石造りの家が立ち並んでいます。13世紀にカトリックから弾圧を受けた異端カタリ派の人々が身を隠した場所の一つでもあります。

トゥールーズからナジャックへのアクセス

距離:約120km
所要時間:約2時間
ドライブルート:トゥールーズ→アルビ→ナジャック
見所:アルビの旧市街、サン・セシル大聖堂、ロートレック美術館、中世の村ナジャックの古城

ミディ・ピレネーの人気ドライブコース(3)トゥールーズからサン・シル・ラポピー

中世の世界に迷い込んだような美しい村までドライブ

ミディ・ピレネーレンタカー濃厚な赤ワインで有名なカオールへ
トゥールーズからカオールを経由してサン・シル・ラポピーに到着するドライブルートです。トゥールーズから北へ1時間半ドライブするとカオールという街に到着します。ロット川に囲まれたこの街は古くからワインを栽培しており、その歴史はボルドーよりも古いガロ・ローマ時代にさかのぼると言われています。またカオール独特のマルベック種の濃厚な赤ワインは中世ローマ法王にも愛され、現在もカオールワイン(黒ワイン)として世界中のワイン愛好家に知られています。トリュフやフォアグラも地元の名産です。
旧市街は中世末期の家も残り魅力的な街並みが続きます。小さな路地が残り、一階部分だけを手前に大きく張り出させた不思議な建築を見ることができます。この辺りはかつての城壁の内側であり、石積みの強化のために厚い盛り土がしてあったので、その上に家を建て一階部分だけを前に張り出すようにしたそうです。街の中心部には2つのドームを持ったサン・テティエンヌ大聖堂が立っています。11世紀末から14世紀にかけて作られた白い石造建築で、北側の正面にあるキリストの昇天が描かれた彫刻が見事です。

ミディ・ピレネーレンタカー今も伝説が残る「悪魔の橋」

カオールの見所はロット川にかかるヴァラントレ橋。14世紀初頭に完成し、サンチャゴ・デ・コンポステーラ巡礼地の一つとして世界遺産に登録されています。橋の中ほどにある塔の外壁には、この橋を作る時に手を組んだと言われる悪魔の彫刻がへばりつくように刻まれています。
伝説によれば、14世紀の始めに着工した橋の工事は難航を極め、納期に間に合わないことに建築家(石工の棟梁)は頭を悩ませていました。そこで彼は魂と引き換えに悪魔の手を借りました。しかし完成後に命が惜しくなった建築家は契約を破棄します。そのことに悪魔は怒り、その仕返しとして橋の中央にある塔の頂にある石を抜き取ったといいます。それ以降、いくらそこに石をはめ込んでも崩れ落ちてしまい、悪魔の呪いと言われていました。しかし1877年に悪魔の彫刻を施すことで石の崩落が収まったそうです。その小さな彫刻は今も残り、塔の上のほうを見上げると確認することができます。


ミディ・ピレネーレンタカー (C)CRT Midi-Pyrenees
フランスで最も美しい村に選ばれたサン・シル・ラポピーへ
カオールから車で東に40分ほど行ったところにあるのがサン・シル・ラポピー。ロット川の渓谷にのぞむ小さな村です。2012年には人気投票で「フランス人が最も好きな村」の第1位に選ばれ、2015年には「ヨーロッパの美しい村30選」に選ばれました。
100メートル眼下にロット川を見下ろす断崖絶壁の岩場。そこに身を寄せ合うように集まった石造りの家々は中世の世界を彷彿とさせます。村の内部も細い石畳の路地が続き、まるで中世の時代に迷い込んでしまったような風景が広がっています。シュルレアリスムの作家アンドレ・ブルトンは晩年にこの村を訪れてその美しさに感動し、それ以来毎夏ここを訪れて家を借りて滞在するようになったそうです。「ロット渓谷の真珠」とも言われる歴史が作り出した美しい村には今も静かな時間が流れています。
普段ではなかなか行くことのできないカオール東方の美しい村へドライブで訪れてみませんか?

トゥールーズからサン・シル・ラポピーへのアクセス

距離:約140km
所要時間:約2時間
ドライブルート:トゥールーズ→カオール→サン・シル・ラポピー
見所:カオールのヴァラントレ橋、カオールの赤ワイン、中世の村サン・シル・ラポピー



ミディ・ピレネーの人気ドライブコース(4)トゥールーズからロカマドゥール

ミディ・ピレネーレンタカー中世へタイムスリップ!夕日が赤く石を染める岩壁の中世都市へ

濃厚な赤ワインで有名なカオールへ
トゥールーズからカオールを経由してロカマドゥールに到着するドライブルートです。トゥールーズから北へ1時間半ドライブするとカオールという街に到着します。ロット川に囲まれたこの街は古くからワインを栽培しており、その歴史はボルドーよりも古いガロ・ローマ時代にさかのぼると言われています。またカオール独特の濃厚な赤ワインは中世ローマ法王にも愛され、現在もカオールワインとして世界中のワイン愛好家に知られています。カオールの見所はロット川にかかるヴァラントレ橋。14世紀に完成し、サンチャゴ・デ・コンポステーラ巡礼地の一つとして世界遺産に登録されています。橋の中ほどにある塔の外壁には、この橋を作る時に手を組んだと言われる悪魔の彫刻が刻まれています。


ミディ・ピレネーレンタカー (C)Atout France Japon
中世の奇観ロカマドゥールへ
カオールから車で北へ1時間10分程行ったところにあるのがロカマドゥール。アルズー川の断崖にへばりつくように作られた城塞都市で、村の建造物と崖の岩肌、教会群が見事な奇観を作り上げています。ドライブをしていて突然姿を現すロカマドゥールの街に初めて訪れた旅人は驚かされるでしょう。
ロカマドゥールは早くも12世紀頃から人々の憧れの場所だったようで、ヨーロッパ各国から村にある聖アマドゥールの聖遺物に祈りを捧げに多くの人が訪れました。村の構造は3層になっており、一番下はお土産屋の並ぶ通りがあり、中腹には中世に多くの巡礼者が訪れた聖域があり、7つの教会と礼拝堂があります。特に有名なのは「黒い聖母」を祀ってあるノートルダム大聖堂。頂上にはかつての宮殿が立っており、現在は博物館として一般公開されています。

トゥールーズからロカマドゥールへのアクセス

距離:約176km
所要時間:約2時間半
ドライブルート:トゥールーズ→カオール→ロカマドゥール
見所:カオールのヴァラントレ橋、カオールの赤ワイン、城塞都市ロカマドゥール




ミディ・ピレネーの人気ドライブコース(5)トゥールーズからコンク

ミディ・ピレネーレンタカー (C)Dominique VIET-CRT Midi-Pyrenees
中世芸術を体験しにコンク村へ

黒の画家スーラージュが生まれたロデズへ
トゥールーズからロデズを経由してコンクに到着するドライブルートです。トゥールーズから北東に車で2時間ほど行ったところにあるのがロデズという街。この街のシンボルでもあるゴシック様式の大聖堂が日暮れとともに500台を超えるライトによって幻想的にライトアップされます。またロデズは「黒の画家」と呼ばれるピエール・スーラージュの生まれ故郷でもあり、2014年にはスーラージュ美術館がオープンしました。
館内には黒という色の可能性を徹底的に追求したスーラージュの作品1000点以上が展示されています。

コンク村でロマネスク芸術の真髄を見る
ロデスを中継地として次に訪れるのにおすすめの村は「フランスの最も美しい村」の一つとして知られるコンクです。ロデズから北へ車で1時間ほど走ったところにあり、車で山道をドライブしていくと視界が開けて村の全貌が見えます。石造りの建物が並ぶこじんまりとした美しい村です。
「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」として世界遺産になったコンクは美しい中世芸術を見られる街であり、多くの巡礼者を迎えた教会が残っています。当時の巡礼地の教会はお布施や寄進などで潤沢な資金を手に入れ、その資金を使って巡礼者を迎え入れる教会の装飾の芸術性を高めていきました。これがロマネスク様式の誕生であり、コンクにあるサント・フォワ教会はその先駆けでした。タンパンの彫刻「最後の審判」が秀逸で、教会のステンドグラスは「黒の画家」として知られる現代作家のスーラージュが修復しました。教会の隣にある宝物館にはキリスト教が弾圧された4世紀に殉教した聖女フォワの遺骨を納めた黄金像が安置されていて、現在も多くの巡礼者を魅了しています。

トゥールーズからコンクへのアクセス

距離:約186km
所要時間:約2時間半
ドライブルート:トゥールーズ→ロデズ→コンク
見所:ロデズの大聖堂、スーラージュ美術館、中世芸術の真髄が見られる中世の村コンク



ミディ・ピレネーの人気ドライブコース(6)トゥールーズからガヴァルニー圏谷

ヴィクトル・ユーゴーが「自然のコロセウム」と表現した巨大な渓谷へ!

フランス南部の大自然へ!巨大な渓谷までドライブ
フランスとスペインの国境にあるピレネー国立公園の中央に標高3000メートルを超えるモン・ペルデュがあります。ピレネーで3番目の高さを誇る巨大な山です。そこに10万年の時をかけた氷河の浸食によって造られた石灰岩の巨大なガヴァルニー圏谷があります。ガヴァルニー圏谷は古代より人々の驚嘆の的で、多くの冒険家や作家、画家たちが登山ルートを築きました。ヴィクトル・ユーゴーは有名な詩『神』の中でガヴァルニー渓谷を「途方もなく不可能な物体」「自然のコロセウム」と表現しました。トゥールーズからレンタカーでモン・ペルデュまでドライブしてフランス南部の山をハイキングしてみませんか?

トゥールーズからガヴァルニー渓谷へのアクセス

距離:約227km
所要時間:約3時間
ドライブルート:トゥールーズ→ガヴァルニー圏谷(ピレネー国立公園)
見所:ガヴァルニー圏谷の大自然



海外レンタカー料金に関して

格安海外レンタカー料金に関して
海外レンタカー予約における設定価格は、各都市・レンタル期間・車種のいずれにおいても市場競争力のある価格帯(最安値)での設定です。また、各大手レンタカー会社のウェブサイト上での掲載価格と同価格での設定です。本検索エンジンを提供するRentalcars.comの商品部では、検索結果の価格と市場価格を常に比較し、世界各地でのレンタル料金の優位性や空車確保に努めています。またRentalcars.comの「プライスウォッチ」システムの導入により、市場価格の優位性を保っています。

海外レンタカー予約TOP / 海外レンタカー料金に含まれるもの