ルート66ドライブ

アメリカンドリームの象徴「ルート66」をドライブして古き良きアメリカを体験しよう。

海外ドライブでしかできない体験

「伝説の国道」ルート66の世界を自分の運転で走る

誰もが一度は聞いたことがあるルート66は世界的に有名なアメリカの国道です。アメリカの作家スタインベックはルート66を「マザーロード(母なる道)」と呼び、アメリカンドリームの象徴となりました。 現在は州間高速道路(インターステート)の開通によって廃線となりましたが、観光用道路としてアメリカドライブの人気ルートとなっています。豊かな歴史と不思議な懐かしさを残す街に立ち寄り、素朴なアメリカンダイナーやドライブインで食事をし、どこまでも続くアメリカの大地に驚く。そんな古き良きアメリカに出会えるルート66をレンタカーでドライブしてみませんか?

大手レンタカー会社の最新車種をご用意!

ルート66の歴史

アメリカンドリームの象徴を紐解く
ルート66の歴史

きっかけはビジネスマンのアイディア

アメリカが大きく成長した時代に生まれたルート66は、まさにアメリカンドリームを象徴するルートです。19世紀、アメリカ西海岸は砂漠や山によって東海岸と中西部から孤立していました。大陸間の長距離移動が難しかった当時、オクラホマ州とイリノイ州出身の数人のビジネスマンによって 大陸間道路のアイディアが生まれました。ルート66の創立者は企業家キュロス・エイブリー(Cyrus Avery)です。彼はミシガン湖から太平洋を横断する対角線のようなルートを設計しようとしていました。彼らの熱意はアメリカ政府を動かし、1926年「ルート66」が完成しました。 このルート構想のおかげで、アメリカ8州にある何百という農村と町をつなぎ、国道を走るドライバーと地域コミュニティをつなげることに成功しました。イリノイ州ではこの年にコンクリートを敷く作業を終えて、アメリカで初めて「全てを石板で構成された道」としてイリノイ州ルート66が完成しました。
ルート66は全長約4000キロの国道で、イリノイ州シカゴからセントルイス、フラッグスタッフ、アルバカーキ、オクラホマシティ、そしてアメリカ西海岸のカリフォルニア州サンタモニカ(ロサンゼルス)までの主要都市や農村地帯を結びました。ルート66沿いの街は好景気に沸き、次々とモーテルやレストランができ、観光客とトラックドライバーに愛されました。1930年代にはオクラホマ州などの農家は貧しい生活から逃れるためにルート66を使ってカリフォルニアを目指しました。そんな希望へと続く道を作家スタインベックは「マザーロード(母なる道)」と名づけました。

ルート66の歴史

アメリカンドリームで全盛期を迎える

ルート66の開設から50年間。ルート66のアクセスの良さと道路整備の安定によって、多くの人がルート66を目指してアメリカ中からやってくるようになりました。故郷を離れた農民やトラック運転手、軍人もこの国道の魅力に魅せられ、そのうち観光客も増えていきました。ルート66に多くの人が訪れるようになると、沿道の町は活気で潤い、数え切れないほどのレストラン、ダイナー、カフェ、ホテル、ガソリンスタンドなどが建てられ、観光業は大きく発展しました。そして増え続ける観光客のニーズに応えるため、ドライバー宿泊用のモーテルやルート66関連のギフトショップも続々と建築され、沿道の観光スポットも人気となっていきました。たとえばイリノイ州では、パーマー・ハウス・ヒルトン・ホテルズ、アップル・バレー・モーテル、ルー・ミッチェル・レストラン、アリストン・カフェなど、ルート66沿線には数多くのモーテルやカフェ、レストランができ繁栄しました。第2次世界大戦後は、増え続ける自動車による渋滞を緩和するため、2車線道路から4車線道路への改造工事が行われ、より多くのドライバーが訪れるようになりました。またルート路線も拡大し、小さな町までアクセスが可能になりました。

廃線、そして夢は続く・・・

しかし1950年代から州間高速道路(インターステイツ・ハイウェイ)の建設が始まり、ルート66は徐々に使われなくなっていきます。1977年、イリノイ州ルート66の役目は55号州間道路に移行し、また同年に最後の一部だったアリゾナ州ルート66の役目も40号州間道路に移行します。そして1985年には連邦政府によってルート66が正式に廃止となりました。

しかし、ルート66はアメリカの文化遺産として温存されることになりました。ルート66は今はすでに地図上から消えていますが、当時の道を走ることは可能です。1992年から観光向けの道路として保全と整備(※)が行われ、再び世界中のドライバーの憧れの道路となっているからです。イリノイ州にあるルート66では、1926年開業当時に作られたオリジナルのコンクリート部分を走ることができます。ハイウェイとは違ったゆったりとした道を走れば、当時のアメリカの原風景に出会えるはず。失われたアメリカンドリームの記憶がルート66には残っているのです。
※現在、ルート66の一部が歴史的道路(Historic U.S. Route66)として残り、アメリカの景観道路(National Scenic Byway)に指定されています。

ルート66沿いの都市

シカゴからサンタモニカを結ぶ20世紀の大動脈
***

シカゴ、アルバカーキ、フラッグスタッフ、ロサンゼルスなど、人気の都市を走る

正式名称はU.S.Route66(国道66号線)で、アメリカ合衆国が整備した国道の一つ。イリノイ州のシカゴからカリフォルニア州のサンタモニカ(ロサンゼルス)までを結び、アメリカの8州を跨ぐこの国道の総距離は約4000km。1926年の開通から1985年に廃線となるまでの59年間、アメリカ大陸を横断する物流の大動脈としての役割を担ってきました。まさに20世のアメリカの繁栄を象徴する道路です。シカゴからサンタモニカまでのルート66を制覇するには、最低2週間のバカンスが必要です。全てを制覇しなくても、一部の区間を走るだけでもルート66の世界を十分に味わうことができます。短期間でルート66を走りたい方のためにオススメドライブコースを案内しています。ルート66の主な経由地は下記をご参照ください。
ルート66の主な経由地
  • シカゴ(始点)−セントルイス−タルサ−オクラホマシティ−アマリロ−サンタフェ−アルバカーキ−フラッグスタッフ−セリグマン−キングマン−オートマン−サンタモニカ(終点)
  • 総距離:約4000キロ

人気のドライブエリア

レンタカー人気エリア
オアフ島レンタカー人気エリア:オアフ島(ハワイ)ドライブ
レンタカー人気エリア
ハワイ島レンタカー人気エリア:ハワイ島(ハワイ)ドライブ
レンタカー人気エリア
マウイ島レンタカー人気エリア:マウイ島(ハワイ)ドライブ
レンタカー人気エリア
ロサンゼルスレンタカー人気エリア:ロサンゼルスからドライブ
レンタカー人気エリア
ラスベガスレンタカー人気エリア:ラスベガスからドライブ
レンタカー人気エリア
サンフランシスコレンタカー人気エリア:サンフランシスコからドライブ
その他の都市のレンタカー
当サイトの海外レンタカー予約に関しまして
海外レンタカー予約サービスはRentalcars.comより提供されています。Rentalcars.comは世界最大のレンタカー会社で、あらゆる種類の車をお得な価格でご用意しております。多言語対応のコールセンターも年中無休で開設しており、いつでも好きなときに、世界のどこに出かけるときでも、ベストプライスのレンタカーを見つけることができます。
海外レンタカー予約に関するお問い合わせにつきましては、こちらよりお願いします。
ページTOP
サイトHOME