お役立ち情報

海外旅行をする際、知っておくとお得な情報

知っておくべきカンボジアの日常マナー

知っておくべきカンボジアの日常マナー(食事マナー含む)

外国に行くと、その国々での習慣の違いに驚かされることがありますよね。国が違えば文化や習慣が違うので、旅行に行ったときはその国でルールやマナーを守ることが大切です。日本と同じように振る舞っていてはタブーなこともあるので、注意が必要です。今回は、カンボジアでのマナーを知っておきましょう。

カンボジアの日常マナー

カンボジアには有名な寺院が多くあり、特にアンコールワットは有名で、観光客が多く訪れる観光スポットです。カンボジア旅行の際には、ぜひ訪れることをおすすめします。ただし、寺院を参拝する際には決められたマナーがあります。

まずは服装。寺院は神聖な場所です。肌の露出は控えるようにしましょう。暑い国ですが、タンクトップやキャミソールで寺院を訪れることはNGです。お堂や寺院に上がるときには、履物をぬぎましょう。また、僧侶は尊敬を受ける立場ですので、決して握手を求めたり、カメラを向けたりしてはいけません。

カンボジアのコミュニケーションのマナー

カンボジアでは、頭は神聖なところで、精霊が宿る場所だと考えられています。むやみに人の頭を触るようなことはやめましょう。子供が相手でも、頭を撫でるようなことをしてはいけません。

日本の感覚だと、かわいい子供にいい子いい子と頭を撫でるのは愛情表現ですが、カンボジアではNGです。また、どこの国でも言えることですが、歴史や政治の話は避けるようにしましょう。特に東南アジアの政治関係は、複雑です。旅行者がむやみに政治の話をすると反感を買う場合があるので、注意が必要です。

カンボジアのチップや喫煙マナー

カンボジアでは、チップの文化はあまりありませんので、特に気にする必要はありません。ですが、料金にサービス料が含まれていないレストランでは、少しリエル(カンボジアの通貨)を置いてくるのが望ましいです。また、シェリムアップなどの外国人観光客の多い観光地では、チップを要求されることもあります。

喫煙については、あまり気にする必要はありませんが、若い女性の喫煙者は偏見の目で見られることが多いので、女性は気を付けるようにしましょう。

カンボジアの食事のマナー

文化の違いが一番よくあらわれるのが、食事ではないでしょうか。食事をする際には、音を立てずに食事をするようにしましょう。日本のような食事の前後のあいさつはありませんが、家庭では家長が食事を始めるまでほかの人は口を付けないことになっています。

食事はスプーンでするのが基本で、汁物を食べるときでも、お皿に口をつけることはマナー違反です。カンボジアでは食事の前にスプーンやフォーク、食器をティッシュや布で拭くのが普通なので、ローカルな食堂では気を付けるといいでしょう。

国が違えば、文化も習慣も違います。日本と同じように振る舞っていてはひんしゅくを買うことも……。旅行前に観光や食事、コミュニケーションなど、基本的なマナーに気を付けて、楽しい旅行にしましょう!

2015.6.25
このページTOPへ